2015年11月20日

パソコン徒然

みなさんこんにちは。
今日も相変わらずぼんやりと生きているscintillanteです。


さてさて今回の記事は、いつぞやのキーボードを買い換えた件につづき、
日頃このブログを書いている中の人が、普段から使ってる
パソコン周りの環境を紹介
する、
身内目的メインの大変どうでもいい記事です。
というより盛大な身内ネタです。


参考になるところは少ないどころか
そもそも参考にするものでもない
とは思いますが、
これを書いているバカが日頃どんな環境で
メイプルをしているか気になる数奇屋な皆様のみ、
是非是非暇なときにでもお読みください。
なお全体的に、見た目よりは実用性を重視してものを選んでいるつもりです。


(なお、ところどころにAmazonへのリンクを貼ってありますが、
アフィリエイトの類は一切使用しておりません。)

























【パソコン本体】
マウスコンピュータ Lm-i735X-P23S
購入価格:
液晶モニタ込みで11万2000円


だいたい4年前に、その頃ジャクムのラグに耐えるのも
厳しくなった先代パソコンから買い換えたもの。
ハイエンド級のパーツは使わないものの、最低限はある程度活動できるくらいの
スペックを選び、あとは好みに合わせて付け足したもの。



CPU:Intel Core i7-2600 3.40Ghz
メモリ:DDR3 8GB
GPU:NVIDIA GeForce 550Ti 1GB
ストレージ:SSD 60GB + HDD 500GB
OS:Windows 7 Home →Windows 10 Home




買った当時につけた名前は、そのスペックの絶妙さから
「帯に短し襷に長し号」
だけど今日ではさすがに時代遅れのスペックであり、
SSDの容量が小さすぎてつねにいっぱいに近くて定期的に困る、
たまにCPUが100度近くまで発熱する、
オーディオ機器が使えないことが多い
など問題点は山積みであり、
そろそろ買い換えどきかなと真剣に考えているとかいないとか。












ドイツのゲーミング機器メーカー、ROCCAT社のゲーミングキーボード。
メイプルにおいてキーボードの性能が必要となる場面はすくないものの、
私が重要としているのはもっぱら音ゲー用の用途。
全キー同時押しに対応しており、全押しも怖くない。
また、かな入力派の私にとって、日本語配列でかな表記もある
ゲーミングキーボード
というだけでもかなり貴重な品。
黒軸採用のメカニカルキーボードであり、独特のタッチが楽しめます。


        → キーボード徒然


本当は同型で軸だけ違う赤軸タイプのものもあったのですが、
値段の都合上こちらを選択。
音ゲー用途としては赤軸のほうが適していた気はしますが、
きっちり押し込まない入力を意識すれば、
それなりに快適な入力が楽しめるので、問題なしです。


キーボードのくせに32bitのCPUを二つ搭載しているという
かつて32bitが2つで実質64bitだーと謳ったセガサターン並
スペックの持ち主で、その性能を駆使して
キートップを一つ一つ光らせたり、
それ以外にも多彩な機能をおこなうことができます。
キーボードのくせになぜか実績機能があり、タイプ数が一定に達したりすると
新しいトロフィーを獲得しましたといきなり英語でしゃべる
ので、
たまにすごくどきっとしたりします。



キー配置
▲キー配置
ジョイパッドと併用しているため配置には意味がないことが多いですが、
バフなどのスキルは基本的にこちらから入力します。










【マウス】
logicool G602
購入価格:6000円


LOGICOOL ワイヤレス ゲーミングマウス G602 -
LOGICOOL ワイヤレス ゲーミングマウス G602 -


メイプルに関してマウスはキーボード以上に使えればいいデバイスなので、
これといってこだわりはなかった私ですが、
いままで使っていた機種のチャタリングがあまりにも激しくなり、
買い替えを余儀なくされたのでした。


それで適当に安い機種を買ったりしたものの、どうにも
しっかりポイントできない感覚があまりにももどかしく、
買い替えに買い替えを重ねて、最終的にたどり着いたのは結局
ゲーミングデバイスなのでした。


一般的にFPSなどマウスをゲームにフル活用するような
ゲーミングマウスをゲーミングマウスとして欲している人であれば、
数ミリ秒の遅れでさえ致命的になりうるのに、
無線マウスなんてもってのほか!
となるのでしょうが、
そこまでこだわりのない私にとっては線がごちゃつかない無線の方がよく、
かつそれでいてしっかりとしたポイント性能と
ある程度補助ボタンのついたこれがぴったりだったのでした。
ちなみに解像度はdpi2250、多分かなりのハイセンシ。


実際のところはキーボードを買った直後だったのもあり、
ROCCAT KONETYONあたりも選択肢としてはなくはなかったのですが、
そこまでマウスに性能を求めない結果、こういうところに落ち着きました。
さらにいえば同じくlogicoolの上位機種、G700も考えましたが、
それはバッテリーが1日持たないレベルで大食いな機種らしいので
残念ながらスルーに。


補助ボタンはメイプルにおいてはほぼ機能していません。
実際にネットブラウジングをする際になくなった
チルトホイールの代わりにするくらいです。
メイプルにおいてマウスが操作デバイスとして重大に作用するのであれば
まだ使い道はありだったのかもしれませんが、
結局はちょっと派手な多機能マウスくらいにとどまっています。









【コントローラ】
logicool F310r
購入価格:1600円


LOGICOOL ゲームパッド F310r -
LOGICOOL ゲームパッド F310r -


近年はキーボードのみでゲームをプレイする人が多いと聞きます。
実際最近は使うスキルなどがあまりに多量化し、小さいジョイパッドに
全てを割り振ることは難しくなっています。
それを全てまかなうことができ、また場所を選ばずプレイできる
キーボード重視のプレイヤーが増えるのも当然の流れかもしれません。


ですが、もともと長い間ジョイパッドに
頼りきりでプレイしていたのもあり、
主に移動に関わる要素でジョイパッドの操作が
染み付いてしまった私にとって、
今なお必需品といえるデバイスなのであります。


普通のサプライメーカーが出しているジョイパッドは大抵
耐久性に難があるのもあってか、
最近はPC用のジョイパッドとして
広く普及しているのはXbox360のコントローラ
であり、
主にWindows上で使われる新しい入力方式である「XInput」に
対応したゲームも増えつつあります。
実際私もそれの購入はなんども検討しましたし、本物とは
いわないまでも同じ構造の似たコントローラを導入したりもしましたが、
やっぱり個人的に気になってしまうのはその構造。


従来のデュアルショック型のコントローラと違い、
十字キーと左スティックが入れ替わった配置になっており、
スティックメインのゲームがほとんどである今の風潮を
反映しているといえますが、十字キーメインで使いたいプレイヤーに
とってはその構造の違和感は耐え難い!

さらにXboxコントローラは十字キーがかなり変わった造りで、
横入力をしようとしたら斜めにも入ってしまうという誤作動が多く
主にメイプルという2Dゲーム主体のユーザーである私には使い難いものでした。
(近年になって発売されたタイプはそれが改善されたものもあるようですが、
配置の問題自体は一向に変わる気配はありません。)



そういうわけで、デュアルショック型の配置と
それなりに入力しやすい十字キー、最低10個前後のボタン、
そしてなにより耐久性について問題のないもの
…として
最終的にたどり着いたものがこれでした。
ただ同じ型のものを購入した相方曰く、
スティックが鈍感だからSTGには向かない、とのこと。


値段としては圧倒的に安いものの、十字キーも
斜め入力の誤爆が発動しづらい構造になっており、
耐久性も問題なし、保証も長いので壊れても安心です。
ちなみに、同型でかつ振動機能と無線に
対応したG710とどちらを買うか真剣に悩んだものの、
Windows10と相性問題が発生することがあると聞き、
そこは踏みとどまりました。



配置
▲キー配置
なおこの配置はヒーロー時代からベースは変わっていません。
また、以前はJoyTokeyを使ってもっと複雑な操作を行っていました。













そもそもフットペダルって何なの
盛大にツッコミを招きそうではありますが、
その名の通り足で操作する入力装置であり、
キーボードのキーを割り振ることでいくつかの操作を
足で行うことができます。


基本的にこれは楽をしたい人のためのデバイスであり、
私のメイプルにおける使い道も
ジョイパッドを両手持ちしなくていい状態にして
片手をフリーにすることを目的としており、
そのプレイスタイルは大変人を小馬鹿にしたようなものとなっております。


キーの割り振りは自由に変えられるため、
ゲームをしないときは文章を書くときに
変換やパックスペースに割り振って少しでも入力を楽にしたり、
ゲームはゲームでも音ゲーにおいて
2つのペダルをドラムのフットペダル代わりにするなど、
やり方次第でかなりいろいろ使い道を見出せるデバイスだったりします。



フットペダル
▲キー配置










【その他】
USBゲームパッドコンバータ(1P用) UC-VPS1
購入価格:2900円


かつてジョイパッドを導入する前、
PS2コントローラを使っていた頃のもの。
当時から安いジョイパッドを使いつぶしていた私にとって、
使いやすくて頑丈なPS2コントローラを
使えるのは大変ありがたかったのでした。

ところが時代は流れ、PS2はおろか3や4まで出てしまった今、
PS2コントローラの新品もほぼなくなってしまい、
そのような事情があった上で、ジョイパッドの購入へと相成ったのでした。
なお今はたまに音ゲーのコントローラが繋がれることもあります。
ですがだいたいキーボードでやっちゃうため、
今はそこまでつかわれていません。












まさかこんなところにこだわってしまった、そんな一品。
自称「史上最強のマウスパッド」
「これを使うと他のパッドには戻れない」
など
どこからどうみても胡散臭い煽り文が目を引くものの、
製品の質としては間違いなく確か。

エアーホッケーのような操作感を謳う通り非常によく動くのに、
止めるときはきっちり止まるし、細かい動作もストレスフリー。
このブログにおいて使われる画像の加工においても、
拡大して1ピクセル単位で加工するような細かい作業が断然しやすくなり、
やっぱり高いなりの理由があるんだなあ、なんておもったりしました。
メイプルにおいてはほぼ意味をなしていませんが、
普段使いとしては欠かせないデバイスです。
posted by scintillante at 21:28| Comment(4) | メイプル総合 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういうの見てるといろいろほしくなってきちゃうね
そしてだいぶ印象も薄れつつあったフットペダル熱が再燃!
ミスト手動まきと爆破をそっちに移してみたい・・・
Posted by saya at 2015年11月21日 18:26
どうもお久しぶりです。
メイプルにはINしていませんが、デクさんの
ブログはちょくちょく見に来ています。

すごい環境でメイプルを遊んでいるのですねw
ちなみにメイプルってWindows10に対応したんですか。

フットペダルまで使用しているのは驚きです。
昔のメイプルならPS2のコントローラ程度で
スキル配置間に合ってたんですけど今は多すぎてPS2のコントローラでは難しいですよね。

回復がパワエリとはなんと贅沢なw
Posted by えあー at 2015年11月21日 20:39
えあs同様メイポにINすること自体ほぼないですが、ブクマに入っているのでちょこちょこ見てます。

人の環境見るのって、楽しかったりしますよね、パッド前提の私としては、キーボードってのは操作し辛そうに見えて仕方ありません。(下手くその言い訳です
4次あたりでスキルが増えて、もうギブアップでした。(それ以前に立ち消えしてましたが

上にも書きましたが、ブログを拝見してて、お元気そうで何より。
Posted by はま at 2015年11月21日 23:25
>> saya 様

前にパソコン環境を整えた時から
時間が経ったせいで、その時整えたものが
一気に寿命を迎えて、それで買い替えが相次いだ、というのが本音だと思います。
ただやっぱり買いたい欲求というものもあるのだろうなと…
大きな電気屋さんが近くにあるからそれで買い物が楽しくなってるのかも
しれません。身を滅ぼす思考です。

私がやるみたいな無気力狩りをしようとは思わなくとも、
なくて困ることは全くないけどあったらあったでかなり便利に使える
そんなデバイスなので、興味があったらぜひぜひです。
1ペダルのものなら1000円もせずに買えたりするので、
お試しするのもいいかもです。
なお建物の二階以上で使う時は下から騒音の苦情が来る可能性があります。
クッションなどを置いて自衛しましょう。



>> えあー 様

お久しぶりございます。
今日も今日とてぼんやりと生きています。
メイプルの方も終末感はひしひしと伝わってきますが
その割にはなんだかんだと新要素は追加され続けているので、
お暇な時にでも是非足をお運びください。

現在のWindows10に対するメイプルの対応は
「対応してるとはいわないけど動いてはいるらしいよ」くらいの感じです。
Xigncode(ハッキング防止プログラム)が導入されてから
Windows10からできなくなるかも?なんていわれたりもしましたが、
結局は杞憂に終わり、無事に起動こそできています。
まあ公式としてはちゃんとむした裏付けを取るのもめんどくさいでしょうし、
今後もこんなあいまいなかんじになるのではないでしょうか。

スキルに関しては確かに増えましたが、
意外とボタン数に関してはそこまでいらないかなと思うようになっています。
実際私も、かつてはJTKを使ってかなり複雑にしていたにもかかわらず、
最近は普通に1コントローラのみで活動できちゃっています。
というのも、ペットが充実してスキルを任せられるようになったり、
普段から使うスキルが限られてきたりと、
基本的に単調になってる感じはあるのかもです。

パワエリに関しては、アビスやマグナスなど
常に全回復できないと厳しいボスが増えたことももちろんですが、
単純に調達手段が増えてパワエリを普段から飲んでも
ちゃんと日々活動していたらむしろ増える一方であるというのが大きいのかもです…




>> はま 様

お久しぶりでございます。
思えば当時から終末論の飛び交うゲームだった気がしますが、
それはいまなお続いており、
一周回ってあるいみ日常通りで安心できてしまうかもしれません。
そんな感じで今日も相変わらずメイプルはメイプルのまま、私も
ぼんやりと頑張っています。

私がキーボーダーになれないのは、
主に移動とか操作とかがジョイパッドに最適化されてしまったためでしょうか。
今となっては懐かしい単語ですが、忍耐クエストなんかをやると
キーボードでやると気が狂いそうなくらいに操作できなくなってしまいます。
最近はキーボーダーもかなり多数派のようですが、
メイプルがまがりなりにも横スクロールの「アクション」RPGを
名乗り続ける以上は、私もジョイパッドを手放すこともないのだろうなと思います。

戻ってきた理由はまだ失われていないと思うと、
飽きっぽい私にしては頑張れてるほうなのかな?と思う次第です。
いつかその世界が終わる時が来たら、 その時はまたお会いできれば。
もちろん世界が終わる時でなくてもお気軽話しかけていただければ有り難いですが。
Posted by しんてぃ at 2015年11月22日 22:22
コメントを書く